第8回収獲感謝祭開催しました。

4月14日、好天に恵まれ、ジビエと山菜・第8回収穫感謝祭を開催しました。~福井県美浜町新庄「渓流の里」にて~


3,000円の参加費(中学生以下無料)で食べ放題・飲み放題・時間制限なしです。

 

開会のご挨拶をさせていただいた後、美浜町長様にもご挨拶いただき、農林水産課長の乾杯の音頭でスタートしました。


収穫感謝祭も第8回を迎えましたが、今回は町内外、県内外から史上最多の約220名(当初150名ほどを予定していましたので、220名は会場の許容限界に達してしまいました。)の方々にお越しいただき、おかげさまで大盛況でした。ありがたく思います。

命に感謝し、おいしい自然をいただくというのが収穫感謝祭の趣旨です。

近年急増し、その被害が増えているシカを中心に「有害駆除」が報奨金付きで行われており、私も猟師のはしくれとして駆除捕獲を行っております。そうして捕獲された有害獣と呼ばれるシカやイノシシなどは殺処分され、焼却あるいは埋設されて終わりですが、当のシカやイノシシにしてみれば、生きるために食べているだけで、悪いことをしていると意識なんかありません。そもそもこれだけの獣害が増加した原因というのも人間にあるとも言われているのに、「駆除」されたのでは、動物も浮かばれません。そこで、捕獲した動物は食べてやろうではないか、そして我々の体の中で生かしてやろうじゃないか、また、獣肉(ジビエ)になじみのない一般の方々にもそのおいしさを知ってもらおうということで、「駆除」を「収穫」と言い換え、命に感謝しておいしい自然の恵みをいただくという趣旨で開催しているものです。ジビエのほかにも地元で収穫したばかりの山菜などもあわせて召し上がっていただきました。

メニューは、イノシシの炭火コロ焼き、仔イノシシの姿焼き、イノシシのはちみつ金柑漬、シカの串カツ、シカの特製タレ漬、シカのトルティーヤ、クマのケチャップ和え、しし

汁、山菜の天ぷら、あとはポテトフライやフランクフルト、アメリカンドッグ、地元ブランド米のおにぎり、米粉ドーナツ、地元ブランドの大谷原(おおたんばら)のさつまいもを使ったスウィーツなどをご用意させていただきました。

天気が良かったので、福井県美浜町のゆるキャラ「へしこちゃん」も駆けつけてくれました。(途中日差しが強くなり、干からびてしまうとのことで早々に帰っていきました)

会場では、参加者同士で親睦も深めたようで、いろいろな出会いとつながりができたようです。これもまた、このイベントの副産物であり、とてもよかったと思います。

また、敦賀高校吹奏楽部の演奏や地元に関するクイズ、地元アマチュアミュージシャンのライブなどを盛り込んで、ご参加の皆様にはご満足いただけたかなと思います。

4月16日付中日新聞
4月16日付中日新聞
4月17日付福井新聞
4月17日付福井新聞

コメントをお書きください

コメント: 2